最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 忍者食・・・それは究極のダイエット!? | トップページ | おでんが美味しい季節になりますね!的な語源の話題。 »

2009年9月 7日 (月)

教えて!おやかた先生~伊賀と甲賀の忍者さんの違い。

デジカメのメモリー記録用カードを紛失しました・・・。人に見せる約束をしていたデータがあったのに、ピンチです(泣)間違ってゴミ箱に行っちゃったのかなぁ・・・?消したい過去はたくさんあるのに、大事なデータをなくした柳香です。こんばんは。
きっと消したい過去も、人生で大事なデータなのかもしれませんね~(棒読み)




さて。前回の更新でステキな忍者食について触れましたが。



忍者食について調べていて、ふと思ったのですよ。




『忍者の伊賀と甲賀ってどう違うの?』




同じ忍者でも出身が違うって事は知ってるのですが、それぞれどういう組織?なのか知りません。

っていうか、忍者のこと自体あまりよく知りませんw


屋敷に忍び込んで、諜報活動とか・・・。
闇にまぎれる忍者衣装とか・・・。
ハットリくんとか。

ニンニン。




             X
    ∠ ̄\∩
     ~|/゚U゚|丿
       ⊂二 y /
       / _二⊃
  ⊂二ノ

           





という事で。





☆☆☆☆☆教えて!おやかた先生~!☆☆☆☆☆




Meganeoyakata


・・・・・ニンニンて、お前。





(無視)では、久々だけど早速お願いしま~す。



Meganeoyakata

忍者とは。鎌倉時代から江戸時代の日本で、大名や領主に仕え諜報活動や暗殺を仕事としていたとされる、個人や集団の名称だ。



へぇ~、忍者ってもっと昔からいたのかと思ってたんだけど・・・歴史は鎌倉時代からなんだぁ。


Meganeoyakata

広義としての忍者・忍術の起源は日本発祥説の他にインド発祥説・中国発祥説などもあるほど、歴史がある。しかし、忍者が最も活躍したのは源平時代以後の戦国時代だったそうだ。



忍者ってメイドイン日本だと思ってたけど、インドや中国発祥説もあるのかぁ。
敵の動向を知って戦に勝つためには忍者の存在が不可欠だったんだね。

昔から忍者は忍者って呼ばれていたのかな?



Meganeoyakata

飛鳥時代・・・志能便(しのび)
奈良時代・・・伺見(うかみ)
戦国時代・・・間者(かんじゃ)・乱破(らっぱ)
      江戸時代・・・隠密(おんみつ)
      大正時代・・・忍術者・忍者(にんしゃ)



隠密ってカッコイイ響きだけど、飛鳥時代の志能便もなかなか良い感じ♪
時代によって呼び方も変遷してるんだね~。


それにしても。忍者って、ずっとあの忍者の衣装を着てたの?
暑そうw



Meganeoyakata

イメージにある紺色もしくは柿色の忍び装束の他に、その状況に合った服装へ変装していたそうだ。特に『虚無僧』・『出家』・『山伏』・『商人』・『放下師(ほうかし、大道芸人)』・『猿楽』・『常の形(つねのなり、武士や農民)』の七つは「七方出の術(七化)」と呼ばれているらしい。



忍者って変装してたんだ~~!!!
そういえば、七変化の術って聞いた事があったっけ・・・。

忍者としての活動をする為には、その役になりきる演技力が必要なのかもねぇw



Meganeoyakata

忍術には「陰忍」と「陽忍」がある。
●陰忍
姿を隠して敵地に忍び込み、内情を探ったり破壊工      作をする方法。
●陽忍
姿を公に晒しつつ計略によって目的を遂げる方法。
諜報活動や謀略、離間工作などがこれに当たる。



へぇ~!忍者のイメージって「陰忍」しかやってないイメージだけど、姿を晒しながら行なう「陽忍」っていうのもあるんだね~。

前述の七変化の術は「陽忍」になるわけかぁ。
陰と陽の両方が出来て、立派な忍者なんですな~。



Meganeoyakata

忍術は密教、陰陽道や、修験道の行者が用いた術(九字護身法、山嶽兵法など)とも関係があるとされ、現代に伝わる古武術には忍術の名残りが見られるものもあるとか。



スゴイなぁ、忍者の世界。
深すぎるw


こんなすごいことをやらされていた女忍者のくのいちはスゴイわぁ!



Meganeoyakata


くのいちは屋敷の天井に隠れたりする事はほとんど無かったらしいぞ?



えっ!!?水戸黄門のお銀さんみたいに忍び込んだり、忍者刀で切ったり・・・って事はしてなかったの??



Meganeoyakata

くノ一(くのいち)は忍者の下で働きをする女性のことを指す。仕事のしかけに女性を使うことを「くのいちの術」と呼んだそうだ。



女忍者といえば、ピンク色とかの可愛らしい忍び装束を着てるイメージだけど、実際は着てなかったし忍び込んだりはしてなかったのかぁ。

くノ一の術ってことは、くノ一の事を忍術というか道具として扱っていたのかしら?

同じ女としては微妙な心境だわぁ。
それが仕事なら仕方ないのかもしれないけどね。



Meganeoyakata

女忍は、主に力一辺倒では太刀打ちできない相手に対して下女などと偽って送り込まれ、体を使って機密情報の収集や暗殺などを請け負ったとか。



か、体を使って機密情報の収集や暗殺・・・ゴクリ。

もしかして、お銀さんがセクシーなのもハニートラップ!?


Meganeoyakataいいかげん、お銀さんから離れろよ・・・。
史実に登場するくノ一で有名なのは、武田信玄に仕えた歩き巫女という集団で、各地を回って芸や舞を見せ、時には男性に身を任せることもあったそうだ。



OH!ハニートラップ!

ハニートラップを仕掛けた相手に本気で惚れちゃったりしてw



Meganeoyakataそれを防ぐために、連絡役兼監視役の忍者が常に行動を監視し、裏切りの気配を見せた時には容赦無く殺害していたとも言われているらしいぞ。




((((;゚Д゚))))ガクガクブルブル




忍者に対する私の幻想が打ち砕かれた所で。



本題の「伊賀忍者と甲賀忍者」について触れてくださいまし




Meganeoyakata

「伊賀忍者」は京都に近い山岳地帯の「伊賀国(三重県)」を本拠地にしていた忍軍で、「甲賀忍者」 は伊賀のすぐ側の「甲賀地方(近江国南部)」を本拠地にしていた忍軍だ。



ふ~ん、二つの忍軍は近かったのねぇ。
イメージだともっと遠くて、お互い干渉し合えない場所にあるのかと思ってたわ。



Meganeoyakata 伊賀忍者は、服部半蔵が徳川家康に仕えた事から徳川家と密接に関わり合いを持つようになった忍者群との事だ。



徳川家とどんな密接な係わり合いがあったの?
あの有名なハットリ君こと服部半蔵は家康に使えていたのかぁ。



Meganeoyakata

本能寺の変の時に、堺の見物に訪れていた徳川家康を護衛して伊賀越えを行なったことから、徳川幕府に召抱えられるようになったらしい。



敵は本能寺にあり!な本能寺の変の時に、そんな忍者ドラマがあったなんて!
よっぽど家康は服部半蔵の事が気に入ったんだね~。



Meganeoyakataああ。そうだな。服部半蔵が重用された事の証として、江戸城の城門の一つにその名が付けられ、現在も東京の地名「半蔵門」として残っているんだ。



お城の城門に名前がつけられるって、相当スゴイなぁ。

お気に入りの半蔵さんが伊賀忍者と徳川家を繋ぐ架け橋になっていたとは!これからはハットリくんじゃなくて、ハットリさんって呼ばなくちゃ。



Meganeoyakata好きに呼んでくれ。
そんな伊賀忍者たちには、厳しい身分制度や規律があったそうだ。



やっぱり、裏世界だから厳しいのねぇ。


Meganeoyakata伊賀忍は 「上忍」 「中忍」 「下忍」 という3つの身分制度がある縦社会であり、もし無断で脱走した者がいた場合、それは 「抜け忍」 と呼ばれ、始末するために追っ手が差し向けられたらしい。




怖っ!Σ( ̄ロ ̄lll)
無断で脱走=抜け忍=裏切り者って事なのかしらん。

どんなに修行が厳しくても、逃げ出せないとは・・・。
厳しい世界ですなぁ。


逆に、甲賀はどんな忍軍だったの??



Meganeoyakata

甲賀忍者は。甲賀が修験道の修行場として栄え、全国から情報を収集する事が出来た事から、大きな組織として機能するようになったとか。
また、甲賀は忍術の流派の中でも薬の扱いに長けていて、その名残として甲賀には今も製薬会社が多いらしい。



大きな組織になると、さらに情報網が張り巡らされそうだよねw
しかも流派の薬の扱いに長けてるという特技の名残が、現在でも残ってるなんて驚き!



Meganeoyakata

甲賀の忍びの里では外部から来た人が修行をしたり、そこで免許皆伝を受けて他の大名家に仕官したり、フリーの忍者として活動したりなど、甲賀忍軍に入る以外の道も自由に選ぶ事が出来たそうだ。



えっ!!?甲賀には抜け忍とかの規律は無いの??
忍びの里って外部の人間を拒みそうだけど、甲賀ではフリーなんだねw

っていうか、フリー忍者ってw

もし忍者の道が合わなくても、必ず忍者にならなくて良いって所がステキかも☆



忍者の道をストイックに極めるなら伊賀、色んな可能性を求めているなら甲賀って事なのかな??



Meganeoyakata

伊賀は規律が厳しい分、忍者一人一人の能力が高くて強力だったと言われているらしい。伊賀流は個人技、甲賀流は集団技に優れていたという事も、流派の違いが表れているな。



伊賀・甲賀だけでなく流派がかなりある みたいだから、忍者って言っても流派によって全く違う印象を受ける集団なのかもしれないねw


これで、伊賀と甲賀のちょっとした違いは分かるようになったよ!



Meganeoyakataもっと詳しく伊賀忍者について知りたいなら
伊賀忍 忍者名鑑 様~伊賀忍者と伊賀忍軍
を参照するといい


分かりやすく伊賀忍者について書かれているね!
甲賀忍者についても触れてるから、参考になるわぁ。



Meganeoyakata


柳香もこのくらいまともに文章がかけたら良いのにな。


・・・・・うっ。反論出来ないっ。(´∀`;A



Meganeoyakata

松尾芭蕉や葛飾北斎、江戸時代の探検家・間宮林蔵など有名な歴史上の人物にも忍者説があるらしいぞ。



そういえば松尾芭蕉の旅の供をした弟子の曽良が実は水戸黄門だった!!?って説も少し前にTVでやってたし・・・。
真実は本人しか分からないから、妄想が広がるよね!

間違ってるのか?そうでないのか??



はっきり答えが分からないからこそ、ロマンなんですな☆


Meganeoyakata


何でもかんでもロマンって言葉で片付けようとしてないか?




・・・・・・ギクッ。




その昔、忍者になりたくて心から忍者の修行をしたかった私の幻想を打ち砕いた事に対して、何か1言!!!



Meganeoyakata

心からどうでもいいな
では、これにて閉講!!!

« 忍者食・・・それは究極のダイエット!? | トップページ | おでんが美味しい季節になりますね!的な語源の話題。 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 教えて!おやかた先生~伊賀と甲賀の忍者さんの違い。:

« 忍者食・・・それは究極のダイエット!? | トップページ | おでんが美味しい季節になりますね!的な語源の話題。 »