最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 好いちゅうき!金平糖☆☆☆ | トップページ | 耳かき禁止の方は読まないでください(?) »

2010年7月 5日 (月)

ピチピチピーチな箱入り娘!

誕生日プレゼントに貰ったキャストパズル・NEWSというパズルが解けずに一年以上放置していたのですが。


Photo


解けてスッキリ!解いてみると、なるほど!って感じですが・・・ノーヒントだと難易度高しです。普通の知恵の輪感覚で外しにかかろうとしたら、たぶん正解にはたどり着けないと思われます。ネットがあって良かった~!邪道柳香です、こんばんは。このキャストパズルシリーズは楽しい上に形が美しいので、オブジェとしてもOK!(たぶん)おススメです♪




さて。



昔から、みだりに外へ出さないよう大切に育てられた娘さんの事を「箱入り娘」って言いますよね~。江戸時代の大商人の家の一人娘などがそう呼ばれたとか。

箱から出ないよう、大事に育てられた箱入り娘さん。





が。





P7010855




箱入娘






コンビニで発見しました☆
娘って漢字の後に「。」をつけたくなっちゃうのは私だけでしょうか?w

っていうか・・・このパッケージとネーミングはインパクトありますね~!

実写の女性と桃と青い空?な背景オンリーで、シンプルなデザイン。
飾りっ気の無い爽やかな感じが伝わってきます!


そして、箱パッケージだからこそ付けられる「箱入娘」というネーミングセンスに脱帽です!


この実写の素敵女子が箱入娘なのか?上に浮かんでる桃が箱入娘なのか?
そもそも桃は「娘」なのか?
様々な想像を掻き立てられますね~w


そもそも、このドリンクが何の飲み物なのか?というと。



P7010859




乳酸菌飲料でほんのりピーチ味。だそうです。
そこは「ほんのり青春味」とか書いてくれればいいのに!
あ、無しですか。


とにもかくにも。
ほんのりピーチな箱入娘を味わってみたいと思いまぁす!




パッケージを開けると、ピーチネクターと同じような甘~い桃の香りがしますよ!
これ、ホントにほんのりなのか?ってくらいの桃加減ですw

この香りのイメージだと、飲料の色はネクターのようなとろみがかった黄桃色って感じでしょうか??




P7010864




かと思いきや、普通に乳酸飲料の白色でしたw



で、飲んでみますと。



箱からの香りのイメージとは違って、ほんのりピーチ・・・確かにほんのりですよ!

乳酸菌飲料のヨーグルトっぽさが勝っています。

ガツンとこない控えめなピーチ味って所が箱入り娘っぽいんでしょうか??


例えるなら。




乳酸菌飲料的なヨーグルト風味が箱。
その中から恥ずかしげに顔を覗かせるピーチ娘。

ピーチは外へ出たい。
でも乳酸菌がそれを許さない。


みたいな感じw



しかしながら、乳酸菌もピーチもお互いにいがみ合っているわけではなく、上手く調和が取れていて飲みやすい味だと思います♪
パッケージに負けない爽やかテイストで美味です!





そんなわけで?

いつもの恒例、お調べタイムです!




箱入り娘の語源は何でしょうか??




江戸時代、特に大切なものを箱に入れて保管したり運んだりしたことから言ったもので、現代でも高価な商品は『箱入り~~』「化粧箱入りの~~」として売られる。

そこから箱に入ってないものでも比喩として使われ、箱入りは大切なもの。とっておきのものの意味で用いられた。




高価な商品と言えば、桐箱入りの果物をすぐにイメージしちゃうんですが・・・箱入り果物は1度もお目にかかったことが無いですw

骨董品の茶器なども、作者の名前などが箱書きされている箱に入っていたりしていますし・・・箱入り=大切なものっていう語源は分かりやすいですよね!




また、かぐや姫でお馴染みの「竹取物語」からきたという説もあるようですよ。



かぐや姫を見つけた竹取の翁の「うつくしき事かぎりなし、いとおさなければ、篭(こ)に入れて養う」という言葉が語源になった。



現代語訳にすると「かわいらしいことこの上ない。とても幼いので、籠に入れて育てる」という事らしいです。
箱というよりは籠入り姫ですけど、翁が姫を大事にしている様子がよく分かる一文ですよね!見方によっては発想がアレな感じですけど・・・そこは純粋に翁の愛情として捉えておきたいと思いまぁすw


そういえば昔、竹取物語を授業中に覚えさせられましたけど『今は昔、竹取の翁といふものありけり』しか覚えてません☆
あれだけ必死に覚えても、これが現実なんですね~。




と、まぁ悲しくなったところでもう1つ。



ネリネという花の花言葉が「華やか」「また会う日を楽しみに」「幸せな思い出」「輝き」「忍耐」「箱入り娘」・・・らしいですよ!

どうしてこの花が箱入り娘なのか?というと。




この花の名前の由来となった、ギリシャ神話の水の妖精「ネレイデス」が箱入り娘だったことにちなむ。

ネレイデスとは。


海の老人「ネレウス」とオケアノスの娘「ドリス」の間に生まれた50人(100人)もの美しい娘たちの事を言う。
彼女たちは海のニンフ(妖精)と言われ、父の名を取ってネレイデス(ネレイス)と呼ばれる。エーゲ海の海底にある銀の洞窟で父ネレウスと共に暮らし、イルカなどの海獣の背に乗って海を移動するとされている。

また、ネレイデス
の一人が海の支配者ポセイドンの妻となったアンフィトリテであるといわれている。




1人かと思ったら50人~100人って、大勢いたんですね!
それがみんな箱入り娘だったとは!
豪華だけど、銀の洞窟の密集度がハンパなさそうですw

娘それぞれのビジュアルが違うんでしょうか?
大勢いたら、間違えちゃいそうですよね。


ネレイデスから名前が付けられたネリネが箱入り娘なのかどうかは別として。
妖精の名にふさわしい、美しく可憐な花だなぁと思います♪




ちなみに。

箱入娘のモデルの方は。



この葉さんという方らしいです!

笑顔が可愛らしいですね~♪

もしかしたら、この葉さんこそ箱入娘に舞い降りたネレイデスなのかもしれません☆





Meganeoyakata
今、綺麗にまとめたなぁって思っただろ。





バレた!!!!!∑(゚∇゚|||)

« 好いちゅうき!金平糖☆☆☆ | トップページ | 耳かき禁止の方は読まないでください(?) »

コメント

箱入り娘は戯作者曲亭馬琴が「竹取物語」の一節を基にして詠んだ短歌が語源ですね

コメント、ありがとうございます!
絶賛放置中でブログも全然覗いておらず…返信がかなり遅くなりました!
(っていうか、このコメントも見ていないとは思いますが…自己満足で返信させて頂きます!)

竹取物語の語源説は「曲亭馬琴」さんの短歌ですか!
「曲亭馬琴」のお名前でピンと来なかったので調べてみたら「
「南総里見八犬伝」を著した「滝沢馬琴」だったんですね!
知らなかったです!
新たな知識を入れて頂いて、私の知識の海(極小)が広がった気がします!
ありがとうございました!!!

…っていうか、約10年前の記事って…時間のはやさがエグイ!!!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ピチピチピーチな箱入り娘!:

« 好いちゅうき!金平糖☆☆☆ | トップページ | 耳かき禁止の方は読まないでください(?) »