最近のトラックバック

無料ブログはココログ

2011年10月 2日 (日)

大つけ麺博(第1章)!!!

浜松町で行われている大つけ麺博(第1章)に行って来ました♪



Dvc00370




大スペースのコインパーキングをまるまる利用した会場です!
もちろん屋根つきのテーブル+屋外テーブルがちゃんと設置してあるし、広すぎず狭すぎずって感じでちょうど良い会場ですよ~♪



Dvc00369




喪黒なあの方がラーメン屋仕様に!w
黒ウーロン茶しかない自販機が印象的でした。

つけ麺を食べた後は、脂肪にドーンと効く黒ウーロン茶ってことなんですね~。



大つけ麺博は食券制なので食券を買ってから、お目当てのラーメン屋さんに並びます!

普通盛りが800円ですが・・・
100円お安い女子盛りがあるので、小食な女子でも安心です☆(女子限定)



Dvc00363



私は「頑者」という埼玉のラーメン屋さんがクレヨンしんちゃんとコラボしたという「しんちゃんつけめん」を食べることにしました♪

いくらか払えば(その場で現金払い)トッピングをプラスすることが出来るのですが・・・「味玉・メンマ・チャーシュー」の『頑者スペシャルトッピング』や「さつまいも・チーズ・ウインナー」の『しんちゃんスペシャルトッピング』、そして2つのトッピングを全部乗せた『全部のせ』というラインナップでしたよ!

普通の頑者スペシャルトッピングへいってしまうあたり私の小心者っぷりが出ていると思います。(;´д`)


しばし出来上がるのを待ったら。




Dvc00364



しんちゃんつけめん(頑者スペシャルトッピング)・女子盛りで~す♪

ほら、女子だから可愛く女子盛りにしましたYO!
足りなかったとかそんなことは言わないんだぞ!



つけだれは、カレー味の豚骨魚介スープ。
そして極太の平打ち麺はビターチョコレート(砂糖不使用)が練りこんであるんですよ~!

カレー+チョコ麺でつけ麺。

ちょっと面白い組み合わせですよね♪




食べてみますと。




甘口でクリーミーなカレーの中に魚粉が入っているので、濃厚なのにさっぱりとした後口。

そしてそのカレーつけだれに極太のチョコ麺が絡んで、めちゃウマです♪♪

甘口なのでお子様でも食べられますが、大人用に「辛口 頑者大人のスパイス」という魔法の粉が0円で追加出来るので、お好みに変化出来るのも良いですね!


ホロホロと口の中でとけちゃうくらい柔らかいチャーシュー。
そしてバッチリ味が染み込んだ
味玉。
最高~~!!!(≧∇≦)

きっとチーズやウインナーとかも入れたら美味しいんだろうなぁ・・・(後の祭り)


ただ、麺が極太+長いので食べづらいっていうのが難点ですよ。
そしてカレーなのでものすごく飛び散りますw

友達、および周囲で食べている方にご迷惑をおかけして申し訳ありません。
飛び散らせてアワアワしていたのは私かもしれません。

でも、私だけじゃないって信じたい・・・!




( ´;ω;`)




食べ終わった後のカレーつけだれをちょっとだけ出汁で割ってごはんを入れたら、また最強に美味しいおじやになりそうです!

書いているだけで食べたくなってきましたw





Dvc00366



ちなみに友達は。
宇都宮にある「
花の季」というお店の「小麦ヌーヴォー2011」(女子盛り)+野菜トッピングを注文してました!

小麦で作られた細麺と鶏のすっきりとしたスープベースのつけだれです。



栃木県特産のヤシオマスと芽ねぎ、花にら。
そして生かんぴょうの甘酢漬け。
添えられている麦塩と唐辛子味噌。


お店の個性が出てますね~!

栃木の野菜にこだわったつけ麺です♪



スープだけでなく、エゴマがかかった小麦麺も美味しくてツルツルっと入っちゃいます!
つけ麺なのにおそばを食べているかのようなスッキリ感で、飽きずにたくさん食べられる優しいお味ですよ~。

花にらや葱そのものの素材の味が堪能出来ますし、麦塩と唐辛子味噌も味変として良いアクセントになってます!


生かんぴょうの甘酢漬けはカブっぽい食感+見た目で箸休めにピッタリ

栃木のお店で食べたら、また違った味わいが堪能出来そうで行きたくなりました♪




あ!そういえば。




Dvc00368 Dvc00367



大つけ麺博限定のつけ麺アイドル『トッピング☆ガールズ』が週末だけライブをやっているそうです。

新曲の『つけ麺☆エクスタシー』を含む4曲を歌ってましたよ!

っていうか、つけ麺☆エクスタシーってww


ノリが良くてツッコミ所が満載の面白い曲でした!w




大つけ麺博は序章、第1章、第2章、第3章とあり、その期間によって出店するお店が違うらしいので、近くに住んでいる人は何度も通えて楽しいと思います♪

私が行った第1章は10月2日までですが、大つけ麺博自体は16日までやっているそうなので、もう1回行けたら行きたいなぁ~と思ふ今日この頃です!







Dvc00374


大つけ麺博に行った10月1日は東京タワーがピンクにライトアップされる日でしたheart01
これを機にピンクリボンについて考える良いきっかけになると良いですね!



それにしても。

お腹が空いた柳香です、こんばんは。
隣で大つけ麺博がやってたら良かったのに!
食欲の秋ですし☆(1年中フル稼働)





Meganeoyakata

おい!ここから本文が始まるのか!!?




前フリにしようと思ったらガッツリ書いちゃったんだよねw
だから、今回は大つけ麺博レポだけにしとくよ!



Meganeoyakata
ただ単に、ネタが無いだけじゃないのか?




∑(=゚ω゚=;)

2010年4月10日 (土)

簡単!忍耐!ラムネ菓子!

桜が満開で春真っ盛りの今日この頃ですが。


P4070696



「沖の浪」という名前の椿が今、見頃を迎えています。庭の隅でひそやかに咲いているけれど、力強い花の輝きはとっても元気になりますよ!こういう花が似合う女になりたい柳香です、こんばんは。ええ、食べられる花はもっと好きです☆





さて。




・・・・・・・・・前フリ省略。




今回は思い立ったのでラムネ菓子を作ってみたいと思いま~す!
あのラムネを家庭で作れるんだろうか?と調べてみましたら、最強アイテムのネット様が簡単に作れる方法を教えてくれましたよ♪




ラムネ


今回はこちら↑のレシピを参考にさせて頂きました。





まず用意するのは・・・・・・




P4080699



●粉砂糖       大さじ6 
●コーンスターチ   大さじ6 
●重曹                小さじ1 
●レモン汁           小さじ1 
●クエン酸           小さじ1 
●水                   少々





・・・・・!Σ( ̄ロ ̄lll)
肝心の重曹を買い忘れました!しまったぁ!


ラムネ独特のシュワっと感を味わうには重曹が必要不可欠ですが・・・。しかし今更止めるわけにはいかないので、重曹無しで作りま~す。さらば、シュワっと感w




①粉砂糖、コーンスターチ、クエン酸、重曹(入れてないけど)を混ぜ合わせる。


P4080700





白状しますが、間違ってこの時点でレモン汁を投入してしまいました。仕上がりにどう影響するのか分かりませんが、変なダマが出来たり混ぜ合わせにくくなったので、ちゃんと粉を混ぜ合わせることをおススメしますw




②レモン汁を入れて一度混ぜ、水を一滴ずつ加えて混ぜながら固さを調節する。粉がホロホロした状態で、握るとギュッと固くなる程度が目安。



P4080702


このくらいかしらん??





水を入れすぎないことがポイントらしいです。
が、初めて作るのでどの状態が正解なのか分かりません。

とりあえず変なダマを潰しながら、探り探り水を入れましたw



③ペットボトルのキャップにビニールを敷き、粉を入れて固める。



P4080704 P4080705



粉を詰めて、指でギュッギュッと押して詰めます。


・・・が、キャップの大きさや形が悪いのか?詰め方が悪いのか?すぐにボロボロ崩れて、粉に戻ってしまいますよ~。

何とか形になっても、かなり不恰好ですw



ってことで、よさげなクッキー型があったので無理やり型で抜くことにしました!




P4080707






これで楽勝かもって思っていたら。
思ってた以上に綺麗に作るのが難しいんですよ~!
指で、これでもか!ってくらいにギューギュー押し込んで、押し込んで。

型から外す時に慎重に外さないと、ボロボロ崩れてしまう繊細さ。

すごい地道な作業な上に、時間がかかるので忍耐力が必要ですw




P4080708 P4080709





・・・・・もう2度とラムネを作らない!!!


そんな事を思いつつ、ひたすら型抜きと格闘して
全粉を固めました。
・・・なかなか厳しい闘いでしたよw



④100~110℃に空焼きしたオーブンの中に入れて乾燥させる。
  
オーブン内が冷めてラムネをお皿に落とした時、カラカラと乾いた  音がするまで空焼きする。


P4080710 P4080713




2回オーブンで乾燥させました。
はい、完成で~す!v(≧∇≦)

乾燥させるだけなので、乾燥前と乾燥後のビジュアルが全く変わらないですね~w
でも、乾燥後はちゃんと手に持てる固さになりました♪


食べて粉っぽいようなら、乾燥をしっかり数回繰り返すと良いそうですよ!





ってわけで。
恐る恐る食べてみましたら。



すっぱ~~い!!!!!(゚ε゚)



クエン酸とレモン汁を入れてるので酸っぱいのは当たり前ですけどねw酸っぱいのが好きな人は良いかもしれませんが・・・。



重曹を入れなかった分、シュワっと感は無かったもののラムネっぽさは味わえます。
ちょいと粉っぽいので乾燥をもっとしっかりやっても良かったかもしれません。



改善の余地がある惜しいラムネになった気がします。
う~ん、悔しいっ。




なので、今度は重曹をちゃんと入れて・・・クエン酸とレモン汁の量を減らして・・・乾燥する時間を増やして。
改善したラムネを作りたいと思いま~す♪

型を取る作業の時に「2度とラムネを作らない!」って、また心が折れそうになる自信がありますがw






忍耐が必要なものの、自分で作り出したというちょっとした感動が味わえるラムネ作り。
コツさえ掴めば簡単?ですので、是非おススメです☆










で、今回の出来は人にあげても良いレベルかな?
おやかたはどう思う??




Meganeoyakata

自分で【惜しいラムネ】って言ってるんだから
そんなラムネをあげるなよ。





ですよね~~(;´▽`A``

2010年2月21日 (日)

極めろ!プッチンへの道!

江ノ島水族館限定で売っている「えのしまん」

P2100490


中にカツオがたっぷり入っていて、チーズが効いてます!
カツオが入っている肉まんはなかなか無いと思うので、行った方は是非お試し下さい♪柳香です、こんにちは!イルカより、この肉まんを見つけた時の方がテンションアップしちゃいました☆


さて。人には挑戦しなければならない時ってありますよね。


オリンピック選手の熱い挑戦。

熱い闘い。



私も、何か挑戦しなくちゃって気持ちになります。


挑戦、そう・・・今まで挑んだ事が無い未知の領域・・・。



それは・・・・・・!



P2120493


手作りプッチンプリン!!!





しかも。



P2120496_2


パーティサイズ!





はい、血迷いました~☆


大きさの比較対象物がリポビタンDしかありませんでしたw
分かりにくいのですが・・・直径が約15cm、深さが約16cmの大きさです。

でも世間でいうバケツプリンよりは小さいかもしれません。
ええ、そういう事にしておきます。



P2120500



裏っ返すとプッチンをする栓と中身が見えますね!
このプッチンを解き放った時、プリンがぼよよ~んと現れるわけで。

嗚呼!想像しただけでも楽しそうです♪




楽しい妄想をしながら、パッケージを開けるとプリンの素などと共に説明書が。



P2120502


厳しいプッチンへの道。




プッチンプリンを作る為には手順どおりにしっかりと調理しなくちゃいけないみたいです!(当たり前)

プッチンプリン好きとしては、ちゃんとしたプッチンプリンを作りたい!ので今回はおふざけは一切無しで、真剣にプリン作りに取り組みたいと思いま~す。材料費が高いしw



ってことで、プッチンに向かってクッキングスタート!




P2120504


付属のプリンの素2袋とカラメル2袋の他に牛乳1ℓを用意します。
牛乳1ℓなんて料理で使った事がありませんw



P2120506


あらかじめ、プリンの容器とプッチン栓をよ~く洗って乾かしておきますよ!水が入ったら大惨事です。

関係ないけど、このプリンの容器ってディズニーランドのスーベニアカップを思い出すんですがw栓を外したら、下からポップコーンが出てきたら面白いのに!

なぁんて妄想をしつつ、作業を続けまぁす。



P2120507


大きめの鍋にプリンの素2袋を入れます。
甘~いプリンの香りが鼻をくすぐりますよ!

この素を溶かした液を飲んだだけでも美味しいプリンジュースになりそうです♪



P2120510


100ccの牛乳を鍋に入れます。



P2120511


ヘラを使って、ペースト状になるまで混ぜ混ぜ。
ダマにならないように気をつけます!
この時点では水分が馴染んでなくてパサパサですねw



P2120513


こ~んな感じでペーストに。



P2120514


ペースト状になったら、残りの牛乳を少しずつかき混ぜながら加えていきますよ~。
説明書に「ここで手を抜くと美味しく出来上がらない」と書いてあるので、慎重に少しずつ少しずつ牛乳を加えて混ぜ混ぜ。

ビビリなので、15分以上かけて1本の牛乳を混ぜ加えました!
ちょっと忍耐が必要ですw



P2120516


1ℓの牛乳が入ると、かなりの量になりますね~!
これが全部プリンになるのかと思うと、笑いがこみ上げてきます♪




さて、ここからの作業は時間との勝負の世界になりますよ!
説明書をよ~く読み込んで必要なものを取り揃えてから、次のステップに移ります。



P2120519 P2120518


プリンの鍋を強火にかけて、焦げないようにかき混ぜながら・・・同時進行で、水を張った鍋にカラメルの袋を入れたものを強火で沸騰させます。



P2120520


カラメルの鍋が沸騰し始めた頃になると、プリンの鍋がグツグツ言い始めるので目を見張ります。



大きな泡が2.3個出たら、急いで弱火に。
そして1分間かき混ぜ続けるのです。
1分間以上火にかけるとプリンが固まりにくくなるらしいので、かなり慎重に。

時計を見る余裕が無いので、口でカウントしながらプリンと格闘します。普段より、頭を回転させてる気がしますよ!
イッツ、脳トレ!



P2120521


1分間弱火でかき混ぜたら急いで水を張ったボウルに鍋を浸して、かき混ぜながら白い泡が消えるまで約1分間、荒熱を取ります。
うっすらプリンの膜が鍋肌に出来たら良いそうです!

ここでも冷ましすぎるとカラメルシロップが沈みにくくなるそうなので、慎重に!
そして水が入らないように注意しながらかき混ぜますよ~。



P2120523


プリンの膜が出来たら、プリンの容器にプリン液を注ぎます!
この瞬間もなかなか楽しいです♪



P2120524 P2120525


固まってないけど、プリンっぽくなってきました☆



P2120526


別の鍋で温めておいたカラメルを容器に移します。
こんな大量のカラメルを見るのは初めてかもしれませんw



P2120533 P2120534


カラメルをプリンの中心に、最初の半分は勢い良く。
残りの半分はゆっくりと入れるのがポイントみたいです。

撮影しながらやってたら、ちょっと失敗してドット柄が出来てしまいました。



P2120535 P2120536


カラメルを入れて蓋をしたら、プッチンプリンになりました!
普通に売ってそうな感じですねw



P2120538


かなり大きい鍋に水を張り、プリンが傾かないように固定をしつつ水の中に沈めて荒熱を30分くらいかけて取ります。

水が入らない程度のギリギリラインなので・・・ドキドキしながら、時を待ちますよw



P2120539


荒熱が取れたら、冷蔵庫へ。
8時間以上、冷やし固めま~す!

ここまで来たら安心ですね。
緊張したプリン作業が終わりました♪



後は・・・出来上がりを待つだけです!








-----8時間以上後。



P2130542_2



プッチンプリン
完成~~~♪v(≧∇≦)







さぁて、上手くプッチン出来るのでしょうか??
ドキドキの瞬間です。




P2130547


大皿にのせたプリンをひっくり返し・・・プッチン栓にあるプッチン棒をパキリ。







ぷるぷるぷるぷる。







P2130548


どど~~ん。




なんと!真面目に作った甲斐があって綺麗にプッチン出来ました♪
大きさはアレですが、売っているプッチンプリンそのものですw




P2130549 P2130550


比較がリップだと分かりにくいですが・・・4.5人前はあるくらいの大きさです!流石、パーティサイズ☆


揺らすとプルンプルンと良い揺れをしますよ~。




で、肝心のお味ですが。


店頭に売っているプッチンプリンより甘さが控えめな感じですし・・・なめらかでとても美味しいです♪パクパクといけます!


・・・が、少人数で食べる場合はキツイですw


パーティの時は盛り上がる事は間違いなし!なので、是非おススメしたい一品だと思います♪


作り方さえ間違えなければ、最高のプッチンがあなたを待っていますよ~☆







Meganeoyakata
今回は真面目に作ったんだな。
やれば出来るじゃないか。




まぁね~!本気を出せばこんなもんよ☆



Meganeoyakata
ネタとしては0点だけどな。





_ノフ○ グッタリ

2009年2月 2日 (月)

ゼリーの宝石箱☆おでんゼリー

早いもので、もう2月。節分の大豆好きな私がわっくわくするイベントがもうすぐやってきます♪柳香です、こんばんは。え?豆を食べる数??20個です☆(口いっぱいに頬張りながら)





さて。先週、築地へ行って来ました~♪




Dvc00252






到着した時刻はすでに11時を過ぎていましたが、築地場外も場内も観光客で活気に溢れていました。その活気がハイテンションな気分にさせてくれます。



道幅が近すぎず…遠すぎず…な心地よい距離で品物を見れるのがとっても良いです♪


海鮮が溢れんばかりの海鮮丼。トロッととろけそうなネタが乗っているお寿司。

誘惑をたっぷり受けつつ、味見しながら歩き・・・気づいたら、手には買い物袋が。




Dvc00251


テリー伊藤さんのお兄さんが商いをしている
有名なお店『玉子焼 丸武




P1220959 P1220960






四角くて大きい玉子焼きもあったのですが、この後食べる予定があった為、1番小さいサイズを食べました♪甘くて優しいお味でしたよ!
お寿司屋さんの上等な玉子焼きって感じです。

ちなみに、2時頃に再び行った時には全部売り切れてました!
買いたいと思う人は早めにレッツゴー。

っていうか、築地のお店はだいたい2時頃には閉まり始めるらしいので、午前中に行くのがベストでしょうね!


築地の人が本当に美味しい店に行くポイントを教えてくれました☆

「朝の7時頃、市場の人間が行くお店は間違い無い!」
「メニューは写真付きで華やかな所より地味なお店が良い!」


・・・朝7時・・・無理です・・・。




そんな感じで、軽く絶望しながらもとってもエンジョイ出来ましたよ♪





ってなわけで。ここからが本題です。


築地の名物は上記のようにたくさんありますよね~。

でも、築地には忘れちゃいけない名物があるのです!


それは・・・・・。



P1230965
佃權(つくごん)
築地 会席おでんゼリー。



佃權さんは明治元年の創業時から江戸の味を今に伝える練り物専門店だそうです。
江戸の味が練りこまれているおでんがゼリーになっているとは!
何てアンビリ~バボー!


冷たいおでんゼリー・・・どんな味なのか、とっても楽しみです♪
築地に行ったメインの1つがおでんゼリーなので、自然と胸が高まりますw




P1230967 P1230968

横。






横から見ると、普段のおでんではあまり見られない具材も入っていますね~。テンションが上がります♪

この時点だけでも十分美味しそうなんですがw

ゼリーの海に閉じ込められた具材達が、まるで琥珀に閉じ込められた気泡のように美しい輝きを放っている気がします!んもう、琥珀ゼリーの海で溺れたい!(妄想)




そんな感じで軽く妄想にも溺れつつ、オープン!




P1240975

ゼリー。




上から見ても美味しそうです♪
ぷるるんとしたゼリーに頬ずりしたくなりますね!

崩してしまうのは勿体無い気もしますが、我慢の限界値がMAXなので1つずつ取り出して食べてみたいと思いま~す♪




P1240976

ちくわ。




おでんの定番ともいえる、ちくわがトップバッターです♪
一口サイズなので、パクっといけちゃいます。

ちくわ独特の臭みがあまりなく、食べやすいですよ!



P1240977

白いすり身の団子。



白いすり身の正体はイトヨリダイ?スケトウダラ?はっきりしませんが・・・。
おでんゼリーの中で1・2位を争うビックサイズです。

中に入っているエビがぷりぷり!白身も味わいがあって美味でございますよ♪
食べた感のあるどっしりとした一品だと思います。



P1240978

昆布。




ええっと、こちらもおでんの定番ですね!
私のおでんランキングでベスト3に入ってる昆布さん。

しょっぱくも海臭くもなく・・・美味しい昆布です。以上。


P1240979

エビ。




エビ?おでんに入ってた?という疑問はさておき、ぷりっとしていて美味でございます。
やっぱりエビはぷりっぷりさが命だと思うのです。

個人的には中華のエビマヨが大好きだったりします。
はい、どうでもいいですね☆


P1240980

いわしのつみれ。




このいわしのつみれ!食べた瞬間に「おおおおぉ!」って唸った程、美味しいです。
いわしのつみれは好んで食べないのですが、このつみれは積極的に食べたい!って声を大にして叫びたい程、ラブ。
いわしのつみれにおける骨っぽさは感じるものの、いわしの風味と味がしっかりしてて「いわし」って事を主張してきます。
このつみれを大人買いして、鍋パーティしたい!そう思える一品です。



P1240981

銀杏。




銀杏!?とか思いつつも、パクッと一口。
とってもほっくりとした銀杏が口の中で広がる感じが素敵です!
銀杏好きなので、ほっくり銀杏はウェルカム!
他の個性に埋もれる事のない個性を放っておりますw



P1240982

ホタテ。





ホタテは普通に美味しいです。

でも、噛んだら『ガリっ』って感じの硬い感触が・・・・・。




P1240983

!!!!!?




砂かと思ったら、小さい貝でしたw
何とおまけつき☆


ホタテが食べた貝なのでしょうか?

海で起こった食物連鎖のドラマを垣間見た感じですw



P1240984

レンコン。





さぁて、最後に。埋もれていたレンコンさんです。
1番下に埋もれていたせいか、ゼリーがキレイにくっついてきましたよ♪

シャキッとした食感で美味しいレンコンさんでした。終わり。






とまぁ、一通り具を味わった所で。



P1240986

ゼリー。




掴むだけでもぷるっぷるですが、口の中に入れると優しくふわっと溶けていって…ダシの甘みと香り、そして美味しさが広がるんですよ~!

冷たいダシってあまり想像出来なかったんですけど、口の中で溶けて広がる様はなかなか味わい深いです♪


で。冷たいダシゼリーに飽きてきたら、容器ごと電子レンジに入れて軽くチンすると、ダシスープの出来上がり!これもおススメですよ!
さらっと飲めて、冷たいゼリーとは違う風味が楽しめます♪




ゼリーの中から具を探し出す(掘り出す)感じが、宝探しみたいで面白いのですが。
最初から鍋などに移して温めても美味しく頂けるのです!




Dvc00255



温めおでんゼリー。





画像が悪いですが、温かいおでんも良いですよ♪

温かい方が味を一段と感じます。
特にいわしのつみれは、温めた方がつみれの美味しさをさらに実感出来ると思います。





冷たくても温かくても、美味しさでホットな気持ちになれちゃうおでんゼリー。
歴史と美味しさがゼリーに閉じ込められている珠玉の一品。



築地に行った際にはお土産として是非チェックしてみてください♪






P1220961

エビフライ?





ラップで作ったと思われる物体が何故か買い物袋の中にw
作った人は何てお茶目なんでしょう!

趣味で作ったのか、それとも何となく作ったのか?
ミステリアスなラップエビフライw

こんなお土産もアリですね☆







Meganeoyakata買い物中、ダンボールにつまずき、派手に
転倒して足を捻挫。怪我のお土産まで
持って帰ってきた奴は誰だ?







il||li▄█▀█●il||li そんなお土産はいりません・・・。

2008年10月19日 (日)

口溶けの芸術~生キャラメルに挑む!

先日、お笑いのライブに行ってきたのですよ。チケット争奪戦に何とか勝って、1カ月以上前から楽しみにしていたライブ。いつも忘れがちな眼鏡も持ったし、準備万端♪


チケット、忘れました~~☆\(^o^)/
2ちゃん的顔文字で表すと、『人生オワタ』みたいな。


ええと、そう、あれだ。リアルに痛いですね!イタイ系凹。顔面蒼白を久々に味わった柳香です、こんばんは。結局、泣きながら立ち見のチケット買いましたけど・・・。まずはチケットを懐に入れて死守しようと固く決意した秋の夜なのでした。



さて。今、私の中でとっても気になるお菓子といえば・・・花畑牧場の生キャラメルなのです。しかし、以前のじゃがポックルと同様に、手に入れるのはなかなか大変な大人気商品ですので・・・そう簡単には手に入らないのが現状なんですよね。
他社の生キャラメルは、美味しそうだと思うもののキャラメルにしてはかなり割高だったりしますし・・・(数個で600~900円など)。
そんなセレブリティなお菓子には手を出しにくいです。

でも、食べたい!今すぐ食べた~~い!!!



じゃあ、作ればいいんじゃね?



ってなわけで。
COOKPAD 様~とろ~り生キャラメル

↑こちらを参考にさせて頂いて、かなり真剣に生キャラメルを作ろうと思います!
いつも以上に真剣にレシピを見て、細かい指示もきっちり守りますよ~。全ては美味しい生キャラメルを食べる為に!


そういえば、連続のクッキング更新ですけど・・・まぁ、食欲の秋って事で☆


では。大人?の事情はさておき、クッキングスタート!



①材料を揃えて、前準備をする。


Pa110922砂糖         65g  
水飴         40g
ハチミツ       10g
コンデンスミルク  35g
純生クリーム    40g


スーパーに行って買出しした時に、水飴とコンデンスミルクの置いてある場所が分からずに余計な体力を使った気がします。水飴がお菓子コーナーにも製菓コーナーにも置いて無いとは盲点でした・・・(店によりけり?)

それはともかく、生キャラメル作り成功へのワンポイントは前準備にもありそうなので、しっかりと準備しますよ~~。


Pa110926
●生キャラメルを流し入れるバットに
オーブンシートを敷く。
●小鉢に氷水
●生クリームをレンジで加熱して冷めない
ように注意する。(画像にはありませんがw)
●バターをレンジで溶かす。


要領が分からなくてボウルに氷水を作ってますが、そんなに容器は大きくなくても大丈夫かも?でも、初心者はこれくらいの方がまごつかなくて済みそうです。

レシピを見ていると時間と手順の勝負っぽいので、こうした前準備が欠かせないようですね!勉強になります。
あと、生クリームをレンジにかける時は熱くなりすぎに注意です。
牛乳みたいに膜が出来て、調理時に面倒だと思われます。


そんなわけで、いよいよ調理開始です!



②鍋に生クリーム以外の材料を入れる。

Pa110927





いきなりほとんど混ぜるって、繊細なようで大胆ですねw
とか思いつつ、きちんと量った材料を入れるのですが。
きちんととはいえ、ハチミツや水飴やコンデンスミルクをはかりで量ろうとすると、結構大変な事態になるので注意が必要です☆ベッタベタ。
ここは是非、計量スプーンが欲しい所!



③弱火にかけながら絶えずかき混ぜ、キャラメル色になるまで加熱する。


Pa110929 Pa110930




さぁ!いきなり、調理におけるメインイベント。かき混ぜ続けタイムがやってきましたよ!
傍らには氷水も用意。何て天才!(当たり前です)

この時点でコンデンスミルクの甘い香りが湯気と共に立ち込めてきます。スイーツの香り!甘~い。


Pa110931




5分経った辺りから、鍋の中の生キャラメルが泡立ち始めます。
この辺からキャラメルの色が徐々に変化していくので楽しいです♪

キャラメル色になっているかどうか?は自己判断らしいので、止め時が難しいw
とりあえず、納得するまでやれって事でしょうねw

っていうか、かき混ぜながら撮影は無理なのでドキドキしつつ一瞬の間で撮る荒技をしてます。さらに緊張感が高まりますよ~。(デジカメを鍋の中に投入しないように)


④氷水にキャラメルを垂らし、固まる事を確認する。


Pa110933






生クリームを入れると、さらに美味しそうになりますよ♪


Pa110935





掴めるくらいの固さになればOKらしいです♪
氷水に落とすとちゃんと塊になるのがちょっと感動!この時点で、トロける生キャラメルの形が出来てますよ!
これだけでも美味しいです~。



Pa110932

怪しい・・・。



全然関係ありませんけど、手から怪しい煙が出ているように見えますwハンドパワー!
ええ、流れを切ってでも紹介したかっただけです☆


⑤固まる事を確認したら、生クリームを混ぜながら加える。
そして、キャラメル色になるまでしっかりと煮る。


Pa110934




だいぶトロっとして、キャラメルらしくなってきました!
この時、固くなった鍋周りのキャラメルは入れない方が良いようなので、気をつけて混ぜ混ぜします。

キャラメル色になるまで煮詰めるのですが、ここでしっかりと煮た方がしっかりとした生キャラメルが出来るようですよ!美味しいものには手間と時間を惜しまないのもポイントですね~。



⑥再び氷水に入れて、固まる事を確認する。


Pa110938





おおっ!生クリームを入れる前の状態と比べても、キャラメルっぽさが増しましたね♪
トロットロな甘さが口に広がります。

嬉しさに舞い踊りつつ、次へ。


⑦型に流し、室温で冷ましてから冷凍庫で20・30分冷やす。


Pa110939




思い描く生キャラメルの厚さによって型の大きさを変えると良いと思いますけど、薄すぎるよりはちょっと厚めの方が生キャラメルっぽさが出る気がします。
室温で冷めるのがちょっと遅くなりそうですが。


とりあえず、材料を量ってからここまで30分くらい。
材料の量りをサクッとやって、撮影せずに調理すればここまでかなり早く出来ますよ!

レシピでは冷凍庫ですが、冷凍庫はいっぱいだったので冷蔵庫で冷やしました。(一晩じっくりと・・・)


Pa110941





ちなみに、木ベラについたものをこそぎ取って固めました。
初めての生キャラメル・・・出来立てのホヤホヤ。
言わずもがな、美味でございます♪


⑧型から出して、適当な大きさに切ったら出来上がり~♪


Pa110942






ついに、出来上がりました~♪v(≧∇≦)
切り方が悪かったせいか見た目はアレですが、口の中で「トロッ・・・ふわっ」と溶けてかなり美味しいです!これなら人にあげられるレベルに美味しい!

本物と似てるか分かりませんが、これだけでも満足出来ますw

あとオプションとしてグラニュー糖をまぶしたり(柔らかい状態で)・・・サラダ油を薄く塗ると更に口どけが良くなるとか。

簡単かつ美味しく出来ることにとっても感動です♪


美味しく作るポイントをちょろっとおさらいしますと。


●前準備をしっかりと。

●手が疲れても弱火でじっくりと煮る。

●愛を込めry



これだけでOK!w

そうそう、これを作った後にもう1度作ったんですよ。
生クリームの期限が迫ってたんで。
ってことで、貧乏心で生クリームを大量に入れたら・・・ズルズルになりました。凹。
友達にあげたら、ベッタベタになっててどん引かれた程。
(たぶん食べずに捨てられたんだろうなぁ・・・凹)

味は美味しいんですけど大惨事になったので、これも注意として。


『生クリームの入れ過ぎに注意!!!』



そんな失敗はともかく。
今回、参考にさせて頂いたレシピはかなりおススメなので、是非お試しください♪


Oyakatasensei
で、生キャラメル作りにハマってお前が太るって
オチなのか?





Σ( ̄ロ ̄lll)

2008年10月13日 (月)

レッツ!適当クッキング~。

もうすぐハロウィンですね♪と、いう事でカボチャのオブジェを出してみたら。

カボチャ、デロデロに溶けてました!「Σ( ̄ロ ̄lll)

どうやら、生だったらしいです。ショック!柳香です、こんばんは。
オブジェだとは言え、腐る事を全く考えなかったのは我ながら酷い思考だなぁ。。。


さて。昨年の誕生日プレゼントに友達からもらった『ガーナフォンデュー』+『でっかい板チョコ』セット。しかし、ガーナフォンデューをやる事なく時が過ぎてしまいました。

で、何気なくチョコの賞味期限を見てみましたら。
何と、期限が10月2日まで!

消費期限じゃないとはいえ、美味しく頂く為には早く食べてしまわなければ!
だがしかし、そのまま食べるにはハードな大きさなのです。

Pa010894
漫画のコミックス
3冊分の大きさw

さて、どうしよう・・・。
あ!そうだ。チョコクッキーを作ってしまえばかなり消費が出来るかも?思い立ったら吉日!今すぐ作りた~い!


まぁ、レシピが・・・無かったりするんですけど。
だがしかし。以前、たまごボーロとか99%チョコクッキーとか、じゃがいもクッキーを作った事があるから何となくで何とかなるかも?

でも、突然すぎて明らかに材料が足りません。
かと行って買い物には行きたくない。

・・・・・・・・・・・まぁ、何とかなるでしょう!(*^-゚)v♪


ってなわけで、まずは今回の主役のチョコをオープン。


Pa010895


マイハンドと比較。



うん、オープンしても余裕のビックサイズ。
これなら心おきなく失敗出来る使えますね☆


で。とりあえず材料を探します。


Pa010896






砂糖 25g
小麦粉(薄力粉) 180g
チョコ 150g
バターと思いきやマーガリン?? 適当
タマゴ 1個
牛乳 適当

はい、家にあるものを総動員?してみました。
適当とはいえ、一応砂糖と小麦粉とチョコは量りにかけましたよ~。
その方がお菓子作りっぽいですし☆



では何となく材料を揃えた所で。
行き当たりばったりチョコクッキー作りスタート!

①レンジで溶かしたバターをボウルに入れた砂糖と混ぜて、よく練る。

Pa010897




バターと砂糖だけで、何となく美味しそうですw
練ってると、砂糖のシャリシャリした感触が何とも堪らんです。

② ①の中へふるいにかけた小麦粉を入れ、さらにタマゴも割り入れる。

Pa010898



ふるいにかけた小麦粉を見る度に、顔を突っ込みたくなります。
いや、もったいないからやりませんけど。

③混ぜ合わせたら水分が足りないと感じた為、牛乳を適当に投入。さらに混ぜ混ぜ。

Pa010899



適当クッキングはフィーリングなのです。
足りないと思ったら、足す!ただそれだけ。
結構ボソボソですけど、気にしない気にしない。

④微妙に混ぜた③にレンジで溶かしたチョコを投入。

Pa010900




何か、小麦粉が微妙に残ってる所は仕様ですよ?ええ。
チョコを投入したら水分?やら油分やらで潤うはずです。
きっと。(希望的予想)

⑤練って練って練りまくる。

Pa010904



練るとチョコから油分が!
ここは一心不乱に練りまくります。
すると、何とかそれらしいものに仕上がりました☆

⑥なんとか形になったら、成型してオーブンへ。 

Pa010905




材料探しからここまでの過程で約30分くらいです。
意外に早く出来ちゃうんですね~。
適当だからという声はあえて無視です。



⑦焼きあがったら出来上がり♪

Pa010917




小さいものから大きいもの、細長く伸ばしたものなど様々な形で試してみました!
焼き時間が難しいですが。

特に、薄い&小さいものは少しでも目を離すと焦げ焦げに・・・。

焼く目安時間が分からないのに目を離すのは失敗を助長するようですw


と、いうわけで・・・完成したわけですが。

今回も毎回恒例?のチャレンジタイムに参りま~す。



Pa010908






今回は細く丸めて伸ばした生地で眼鏡おやかた顔を作りました♪
パーツをくっつけて、1つの顔クッキーになるように形成。
え?キモイ?・・・気のせいです。

果たして、上手くくっついて焼けるでしょうか???



Pa010911

えええええええええっ。



ええっと、焦げまくりです。(目を離したせい)
キモイ上に不味そうですねぇ・・・。

Pa010918



でも、持ち上げたらちゃんとくっついてます♪
この点だけは成功?の様です!



せっかくなので、眼鏡おやかたとコラボしてみました。



Pa010920



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・。




あれ?おやかた怒ってる??
それよりも、味はどうだった?



Pa010920

可も無く、不可も無い。


それじゃ、何の感想にもならな・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

パク。

・・・・・・・・・確かに、可もなく不可もない味です☆

そうとしか表現出来ない味・・・。
不味くて食べられないわけじゃないけど、モリモリ食べるほど美味しくもない。みたいな。

Pa010920

ネタとしては、1番最悪なパターンだな。






il||li▄█▀█●il||li ソウデスネ・・・。

~~~~~~今回の学習内容~~~~~~~~

☆☆☆お菓子作りに適当、かつ材料不足は天敵☆☆☆



Pa010920

学習以前の問題じゃ・・・。

2008年8月 3日 (日)

涼やかな食品で暑さ対策☆

仕事で至上最悪なミスをしてしまい・・・凹みとストレスのあまり。


DS版 ドラゴンクエストⅤ

を衝動大人買いしてしまった柳香です☆こんばんは。
しばらくはゲームの世界へ現実逃避してやります。お嫁さんは誰にしようかなぁ・・・♪(遠い目)




さて。厳しい暑さが毎日のように続く今日この頃ですが。
涼しくなっちゃうような一品を見つけたのでご紹介しま~す!




P8010730


ICE CREAM
Soda


英語で書くと、何となくカッコ良い感じですw
とにかく、アイスとソーダなのですよ!
パッケージから、涼しさが伝わってくるようですし、夏にはピッタリですね♪



P8010732

P8010734











綺麗な薄い水色が輝いておりますw
ペプシ ブルーハワイ を若干思い出しますが、アレより色も味も優しそうです。


ペットボトルのキャップを開けた瞬間に広がるソーダとアイスの甘い香り。流石、コラボしているだけの事はある甘さっぷりですw

ソーダメインなのか?アイスメインなのか?悩みますが。

ソーダに浮かぶバニラアイス・・・ソーダフロート気分が味わえちゃうのでどっちでも良い事にしま~す☆(おぃ)

次に紹介するのは、これまた夏にピッタリ!(かもしれない)一品です!





P8010735


えんどうまめ
PRETZ



プリッツも英語文字だとカッコいいですねw
緑・緑でえんどう豆のグリーンを意識したパッケージが印象的です。
とっても目に優しそう♪



P8010739

オープン。





当然、中身も緑ですw
エンドウ豆の他に昆布が入っているそうなのですが、昆布の香りと味が強い気がします。
もちろんエンドウ豆の味はありますけど・・・。
口に入れて噛んでると段々エンドウ豆味がしてきて口に残るって感じ。

ベーシックのプリッツよりもボロボロと折れやすいので、繊細に扱わないとバキバキのプリッツを食べることになってしまいますw

思った以上に味が濃くて、暑い最中に食べると微妙だったのですが・・・食べるうちにエンドウ豆プリッツの術中にハマって、完食してました。

微妙な塩加減・・・これは、お酒(特にビール)に合いそうですw




P8010736









ふとパッケージ裏を見たら、麦茶によく合うって書いてあったので試してみたら。



麦茶、最高!


塩分と麦茶で暑い夏を乗り切れちゃうような、マッチング♪
やはり、開発者の意図を取り入れて食べるのが美味しく食べる秘訣なのかもしれませんね~w



ちなみに。


若い莢(さや)をまるごと食べるもの・・・サヤエンドウ(絹莢)

完熟する前の柔らかい豆・・・グリーンピース

完熟した種子・・・エンドウ


・・・し、知らなかったぁ・・・Σ( ̄ロ ̄lll)
さやえんどうとグリーンピースは野菜で、エンドウは雑穀の扱いになるらしいです。

同じ豆でも収穫の時期によって呼び名が変わるんですねぇ。
ややこしい面白いです♪






と、いうわけで。



暑~~い夏を塩分と水分で乗り切りましょう♪v(≧∇≦)



P8010740













見てると、海に行きたくなってきますよね~~♪
青い空、白い雲、そして海!!!


ビバ!夏♪












さぁて、ドラクエするか~☆(棒読み)

2008年6月16日 (月)

ペプシ・ブルーハワイを(たぶん)美味しく頂く方法を模索?してみた☆

鳥居みゆきのDVDを見て感化されたので、顔真似を携帯カメラに撮って遊んでみた柳香です。こんばんは。あまりにも怖すぎて保存は出来ません。。。




さて。昨年、話題に上がったペプシの「キューカンパー」味。
あまりにも話題に上がり過ぎて、ネタを断念したのですが。


今年も、ペプシ様はやってくれました!


PEPSI 様


ブルーハワイ味ですよ!
ブルーハワイと言えばカキ氷くらいしか思いつかない、あのブルーハワイです。

今回も発売前から注目されていて・・・発売された今、様々な所で話題沸騰(たぶん)している注目株の商品と言っても過言はないでしょうw

で、ネタにするかどうか悩みましたが・・・せっかくのペプシの2年目の挑戦。
これを受けずして、いつ受ける!!?




はい。と、いうわけで。



Dvc00140

ペプシ。
ブルーハワイ味。





何故、外なのか?
それはブルーハワイっぽさを演出したかっただけです☆

ペットボトル越しからでも美しいブルー。
海の色を写したような、美しさですね~。
飲み物でなければ、素直に感動するのに。



Dvc00142Dvc00145Dvc00146








爽やかな波音が今にも聞こえてきそうな光景が広がります☆
でも、これは飲み物です。

見た目の感想は置いておきまして。
味自体は、どうやらパイナップルとレモンが配合されているようです!

ペットの蓋を開けた瞬間、パイナップルの香りがしました・・・が、コップからの香りは駄菓子屋で売っている粉サイダーのような香りが。
(決して嫌いな香りじゃありません)

あれ?イリュージョン??

とか思いつつ、口に運ぶと。
駄菓子屋で売っているプラスチックに入った液体状の飲み物を思い出すというか・・・。
味を表現するなら、匂いのきついパイナップルのリップを舐めた時に似ているような・・・。(おぃ)
少しだけ感じる爽やかさはレモンかな??と思いつつ。
とりあえず、不協和音な味です・・・。
う~ん、なかなか噂通りの味ですよw



500mlを一人で飲み干すのは無理かもしれない・・・。



そんな危機感を覚えた時。
あるアイディアが。



ビールだって、オレンジジュースで割ると飲みやすくなるんだし。
このブルーハワイ味も何かで割ったら飲みやすくなるんじゃ?



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・それだ!




Dvc00115 

とろけるマンゴー。





南国繋がりと言えば、マンゴー☆

このバヤリースのとろけるマンゴーは、とてもまったりとした甘さを持つマンゴージュースですよ!この甘いマンゴーで南国テイストが強化されるのでしょうか?
いきなり、レベルが高そうなものからスタートです。

ちょっと覚悟を決めつつ、いざミックス!



Dvc00149


ブルーハワイ+とろけるマンゴー。





画像の色はアレな感じですけど、実際はめっさ綺麗なエメラルド色になりました!濃いブルーと濃いイエローを混ぜると、濃いエメラルドになるんですねw


ドキドキしながら、口に運ぶと。

あれ?意外にイケる。
後味がマンゴー。意外に悪くないです。

でも、マンゴーの配分を間違えるとヤバイかも・・・?




Dvc00111
元気ハツラツゥ?
私の心の友
オロラミンC。





私はオロラミンCがあれば頑張れるってくらいオロラミンCが大好きです。
きっと、ブルーハワイ味をさらに元気にしてくれるに違いありません!
マンゴーで調子に乗って、元気にミックス!



Dvc00150

ブルーハワイ+オロラミンC



マンゴーより薄いエメラルド色になりました~♪
マンゴーより幾分か抵抗が無い色ですねw

というわけで、飲んでみましたら。

炭酸+炭酸のせいか、炭酸がキツめになりました。
元の味より美味しい感じもしますが、よく分からない味になってますwとりあえず、甘いです。
元気ハツラツゥ?というよりは「どことなく元気が出そう」
そんな表現が合いそうな味ですw




Dvc00112



C1000。





ブルーハワイにはパイナップルの味(香り?)こそすれども、レモンの味があまり感じられないんですよ~。
なので、レモン味を強化してあげたら・・・もっと味の調和が生まれるかもしれません。



Dvc00151



ブルーハワイ+C1000







あれ?色は全然変わらないです。
元のブルーがちょっとだけ薄くなっただけって感じですよ。
この組み合わせが味的には一番期待しているのですが・・・。

レモン味が強くなった・・・けれど、明らかに不協和音な味。
そ、そんな・・・一番美味しいはずなのに!
一番、微妙。



そうだ。ミックス加減が足りないのかもしれません!





Dvc00152



ブルーハワイ+オロラミン+C1000






おおお!見た目の色はオロラミンミックスと変わりませんが、味が強化されています!
新しい栄養ドリンクのような味がしますよ~♪
これだったら、十分元気ハツラツになるかもしれませんw
体に良いかどうかは別ですが。





はい、というわけで。
軽くミックスしてみたのですが。

どれもちゃんと飲める感じの味です♪
配分の問題もあるかもしれませんけど。

ミックスでおススメはオロラミン+C1000です☆



一通り、ミックスジュースを嗜んだ所で。




やはり、ブルーハワイといえば。
カキ氷ですよねぇ。




Dvc00154 Dvc00155

ペプシブルーハワイ
DE
カキ氷風☆


カキ氷風のものを作ってみました!
まだ6月ですが、気分は真夏ですw

1口食べてみたら、独特の味が緩和されていて良い感じですよ♪
ブルーハワイのカキ氷ってこんな感じだったかも・・・?という気分になります。




ちょっと感動したので、さらにアレンジ。




Dvc001562

Dvc00159








フルーツ&寒天の缶詰を乗せて、缶詰の甘い汁をかけてみました!
これが、思った以上に美味です~!
単調なブルーハワイの味がフルーツと寒天で食べやすくなっていて・・・しかも、缶詰の甘い汁がブルーハワイと意外に合うんですよ!

調子に乗って、完食しちゃいました♪




もしペプシ・ブルーハワイ味を買ったものの、飲み切れないと判断したのなら。冷蔵庫で冷やして氷を作り、フルーツの缶詰を加えるのがおススメ!
味の保障?それは個人の判断にお任せします(*^-゚)v☆








Dvc00148


新しいコップ・・・。
すぐに染色。








着色料に怯んだら、きっと負けなのです・・・・・。

2008年4月14日 (月)

花よりだんごのチロル達。

そういえば最近、ロマンに浸れる記事があったんですよ。


水平線に幻のビル群、知床で流氷の蜃気楼


流氷With幻のビル群。どこのビルが現れていたんでしょうね?それを考えるだけで、もぅワクワクです♪の柳香です、こんばんは。
どうでもいいですけど、ビル群よりTDLが蜃気楼で現れたら子供の夢が広がるって思い・・・ませんか、そうですか。




さて。前回は(も?)桜の話題で、結局は花より団子☆ってな感じで終わったのですが。
葉桜がちょっと切ない本日も、花より団子をご紹介いたしま~す!





P4130458

チロルチョコ
花よりだんご


P4130461







パッケージの三色団子が、まさに花より団子って感じを醸し出してますね♪
花よりだんごというネーミングの通り、入っているチョコ3種類には「もちグミ」が中身として入っているようです♪
味は『リッチみるく』『宇治抹茶』『濃厚いちご』で、この取り合わせだけでも十分美味しそうですよね~。



「こく・旨・リッチで舌鼓」というパッケージに輝くスローガンが、少しだけ高級感と味わいを増しているかのようです♪

「こく」は「濃厚いちご」で「リッチ」は「リッチみるく」・・・残った「宇治抹茶」は「旨」に当たるんでしょうか?ま、どっちでもいいですけどw


P4130468 P4130470 P4130474







思った以上に濃い色で、リッチそう・・・そして、旨そう。
スローガンで宣言するだけあって、素敵な外見ですw
みるく味にはバニラビーンズが入って
いるので、普通のミルクチョコより美味しそうな感じがします♪




と、期待を抱いた所で。
早速、食べたいとは思うのですが。


せっかく、いちご・抹茶・みるく
の美味しそうな3味が揃ったので・・・。

それぞれのコラボで、さらなる味の世界を堪能したいと思いま~す☆



まずは、単品で食べた時の感想をさらっと



P4130463






濃厚いちごもち・・・開けるといちごの甘い香りがとっても広がるんですけど、味は見た目ほどイチゴイチゴしすぎてない感じです。でも、後味が強いかなぁ・・・。


P4130465





抹茶もち・・・まさに抹茶。これは想像以上に抹茶テイストが強いです。苦味まで再現。素晴らしい!抹茶の苦味がダメな人はちょいとダメかも・・・?中のもちで多少緩和される気がしますけどねw


P4130464





リッチみるくもち・・・バニラビーンズが入っているので、バニラ味に近いのかな?と思いきや、ちゃんとみるくに近い感じになってます!バニラも効いてるし、好きなみるくチョコ味です♪



それぞれが個性豊かで、美味しい!
やっぱり花より団子ですな♪




ではでは、本題?の夢コラボに移りたいと思います。




P4130463

P4130464
いちご+みるく
=いちごみるく味。



いちごみるく味を狙ったものの、いちごテイストが強くてみるく味が消えちゃいました・・・。
思い描いたいちごみるく味にはならず。無念。



P4130465P4130464

抹茶+みるく
=抹茶みるく味。



こちらも抹茶みるく味を狙ってみたものの、後味が抹茶やや強しって感じでした。
でも、いちごよりは抹茶みるくに近くなってるかも?
抹茶が濃いので、みるくと合わせてちょうど良かったりしてw



P4130463P4130465
いちご+抹茶
=いちご抹茶味。




不協和音な味でした・・・凹。まずい。でも、後味抹茶って感じでした。



P4130463P4130465P4130464







全部コラボ。何が何だかって感じの味でした・・・。
でも、これだとイチゴが後味として残ったような・・・?
偶然??






ってことで。口の中では・・・。

みるく<いちご<抹茶


って感じの味の強さでした。あれ?味の強さ比べになっとる!
でも、これは私個人の感想なので、是非とも食べ比べるなりコラボするなりして、試して頂きたいと思います♪



でも、まぁ、なんだ。
やっぱり単体が一番美味しいですよね☆(おぃ)





はい、そんなわけで絶賛ダイエット中(ストップコレステロール!運動実施中)の私が春の夜長にチョコを完食したというお話でした!
(*^-゚)v



メタボなんて怖くないもんっ!













(((( ;゚Д゚)))ガクガクブルブル

2008年3月 2日 (日)

カルトッフェル・ゲベック・おやかた先生風。

メタボに効く歌ランキングというのがあったので、早速チェックしてみました♪
コブクロの歌が上位を占めているんですねぇ!1曲熱唱するだけで、チョコ約1粒分のカロリーが消費出来るとか♪よぉ~し!ランキングに入ってる曲を歌いまくってメタボにバイバイじゃ~~!

はい、この記事を読みながらお菓子を食べてる柳香です。こんばんは!あと、メタボにこんにちは☆(爽やかな笑顔で)




さて。以前の更新でお菓子作りに挑戦した事があったのですよ。


たまごボーロ作りに挑戦①

たまごボーロ作りに挑戦②

99%チョコを美味しくリサイクル!(?)



大好物のたまごボーロや99%のチョコ入りクッキーを作ったのも遠い日の思い出なのです。嗚呼、そういえば2回共グロテスクな「おやかた」を作ったなぁ・・・なぁんて。

で、ふと思ったのです。



『何か、クリエイティブな事をしたい!』・・・・・と。


久々に燃え上がる、クリエイティブ魂。
燃え上がったら最後、果たさねば女がすたります。
(やや脚色)




と、言うわけで。
思いつきだけど、材料がほとんど揃うお菓子。。。。。

あ、そうだ。
じゃがいもがたくさんあったから、じゃがいもを使ったものが良いなぁ。



そぉ~んな都合の良いレシピを求めて検索をかけましたらば。





Yahoo!グルメ 様で見つけたレシピ。
カルトッフェル・ゲベック(じゃがいものクッキー)



ターゲット・ロックオン!!!
本日のレシピ決定です☆(v^ー°)

カルトッフェルとは『じゃがいも』、ゲベックは『クッキー』を指すとか。
ドイツスタイルの素朴なお菓子らしいですが、ドイツでもほとんど作られなくなったらしいです。アプリコットジャムを乗せて食べるそうなのですが…想像しただけで美味しそうですよね♪


美味しい未来に想いを馳せつつ・・・・・・。



料理、スタート!!!!!
あ、そうそう。
レシピ通りに作ってはいますが、手順が違ってるものがあります。
(鈍くさいから。凹)
ご了承ください。



①材料を揃える。


P2290462 じゃがいものクッキー60個(12人分)
小麦粉 …130g
バター …100g
砂糖 …50g
じゃがいも …200g
レモン表皮 …1/2個(すりおろしておく)



残念ながら、レモンが無かったのでポッカレモン(レモン汁)を用意してみましたw
皮を使うので、あんまり意味が無いですが。

あと、画像のじゃがいもは適当な量で撮影しております。
(おぃ)




②じゃがいも(200g)の皮を剥いて、カット。


P2290463

お水うるうる。




で。それから、じゃがいもが柔らかくなるまで茹でます♪
おおっ、料理っぽい!!!

じゃがを茹でてる間に他の生地作りに取り掛かっちゃいますよ!



③バターに砂糖を加え、よくすり混ぜる。
固いバターは砂糖と共に手で練り合わせて柔らかくする。


P2290466


バター+砂糖




ええっと、すり混ぜるって・・・どんなのですか??
すりすりしながら混ぜれば・・・?

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・。


ま、とにかく練り練りして
合わせちゃえば良いのよね☆


自分の料理知識の無さに今頃気づいて、今後の展開に暗雲が立ち込めてきつつ・・・次へ進みます。



④柔らかくなったら、ホイッパーでクリーム状にする。



P2290469
・・・・・・・・・・・・・・・・・!!!




しまったぁ!何とか練り合わせて柔らかくなったものの、肝心のホイッパーが見つかりません!しかも普通に練ってるだけじゃ、いつまで経ってもクリーム状にはならず。



ここに来て、ホイッパー’sピンチです!
あれ?ホイッパーのピンチか?
ま、どうでも良いか。


最大のピンチに悩んでたら、いつの間にかじゃがいもが茹で上がっていたようですよ!



⑤茹で上がったじゃがいもを裏ごし!



P2290471_2


湯気がモクモク。




木ベラで裏ごしすると、木の筋が混入する
恐れがあるから、やめましょう☆

裏ごしの作業って地味だけど重要なのですよねぇ。
ってわけで、一生懸命ガシガシとやりました。

チラチラと見える、溶けないバター生地の事を忘れるように。




P2290474


出来上がり♪





はい、もうこれで料理終わり♪


に、したいですが・・・。問題に戻ります。



⑥何とかクリーム状にする。


じゃがいもをガシガシと裏ごししながら、思ったのです。


『とりあえず、クリーム状にしちゃえばよくね?』


バターといえば、少しの熱でじゅわ~っと溶けちゃう儚い食品。
なら、湯煎にかけて強制的にクリーム状にしちゃうがよろし!



ってなわけで。
この際、良いか悪いかは目をつぶって・・・・・。



P2290477


強制☆クリーム状




湯煎にかけすぎてクリームどころじゃなくなったけど、知らない☆



⑦ふるいにかけた小麦粉と⑥を合わせて混ぜる。


P2290479


美麗なる小麦粉。




嗚呼、この美しき白のコントラスト。
失敗も全て覆い隠すかのよう・・・。

などと、感動に浸りながら混ぜます。



⑧裏ごししたじゃがいもを⑦と混ぜ合わせる。



P2290480


混ぜ混ぜ。





ようやく、生地作りの最終段階まで来ました~♪
ここまで来れば、あとは勢いだけですね☆


で、混ぜてコネコネと生地を押しつけるように練りつつ・・・だんご状にすると。



P2290482


生地、完成~~♪





長かった・・・・・。
けれど、何とか形になって良かったです!


ってわけで。
生地にラップをかけて冷蔵庫の中で1時間ほど寝かせます。



⑨寝かせた生地を起こして、めん棒で5mm厚にのす。



P2290487


めん棒に生地付着しまくりw




上手く生地が伸びません・・・。
しかも、テーブル(クリーニング済)の上に広げた為、テーブルが大惨事。

油分を含んだベタベタ生地は、なかなかテーブルから離れてくれませんでしたw
ラップかクッキングシートの上でやれば良かったです・・・。



⑩型抜き。



P2290490


サクラ形。





そろそろ春って事で、可愛らしくサクラ形にしてみました♪
出来上がりがとっても楽しみです~!


こんがりと焼き色がつくまでオーブントースターで焼きま~す!
15~20分くらいかな?



⑪焼き。



P2290494


ぎゃああああああああ!!!!



オーブントースターから少し目を離した隙に惨事が。
しかも、サクラのはずなのに焼いたら星型っぽく・・・。

み、見た目はアレだけど食べたら美味しいよ?
(すがるような瞳で)


焼くと、予想以上に膨らむんですよ~。
普通のクッキーと違ってじゃがいもが入ってるせいか、焼き上がりが違うのかな?なぁんて☆




(-_-)・・・・・・・・・・・・・・・・・・・。

はい、言い訳タイム終了。



とにかく、その後も時間をかけて焼きまくりました。
トースター大活躍ですw



ってわけで。



⑫完成~~♪



P2290496



選抜メンバーw






予想以上に時間をかけて、じゃがいものクッキー完成しましたぁ♪
v(≧∀≦)v


食べてみると、サクッふわって感じの食感です!
味は、卵を入れた一般的なクッキーと違って・・・味が深いような・・・?
おやつ感覚なんですけど、どこかおかずのようなw
でも、私はとっても好きな味だと思いました!
やるな、じゃがいもクッキー!
あ、そういえば材料で用意していたレモン汁を入れ忘れましたw
まぁ、美味しいなら良いか♪

冷えると硬くなるのですが、それもまた美味。
冷えても美味しいのは、とっても嬉しいのです♪

作るのはちょっと大変でしたけど、それなりの味で満足なのでした!




と、ひとしきり満足した所で。



本題行きまぁ~す!ヽ(*´∀`)ノ
長い前フリだなぁ、おぃ。




では、恒例。


『じゃがいもクッキーでおやかたを作ろう☆』


まずは、生地状態のおやかた公開です!



P2290497



白。






たまごボーロ以来の全身再現?です。
今回は出来る限り真面目に取り組んでみましたw
造形のレベルが低いとかは言わない約束です☆

だがしかし、思った以上に膨らむじゃがいもクッキーの生地。
今までの結果を総合しても、この大きさ&厚さの生地は危険すぎます。


たぶん、ものすごい惨状になるんだろうなぁ・・・と思いつつ焼きました。


そしたら。







P2290500



あれ???






ちょwwwまともに焼きあがっちゃったんですけど!?
ビックリです!
スズキックスのスーパーイリュージョンに匹敵するくらいビックリですw


じゃがいもクッキーのミラクルを目の当たりにして、半笑いになりつつ。



事前に準備していたチョコペンでデコレーションしたらば。





P2290513



カルトッフェル・ゲベック
おやかた先生風完成♪♪





おやかたにメガネをかけて、おやかた先生にしてみましたw


たまごボーロ&チョコクッキーのリベンジ成功??
思ったよりまともなものが出来てしまいましたw
いや、嬉しいですよ?
オチとしては零点だけど。





P2290516_2



おまけ飾りつけ。





サクラのつもりが、☆っぽくなってしまったので・・・。
テーマは『星と月とおやかた先生』って事で。

もっと完成度を上げつつ、テーマも作れたらクリエイティブな作品に近づくかもしれません♪っていうか、私は一体どこへ行こうとしてるんでしょうね☆



Oyakatasensei
知るか!





お、おやかた~!!!



Oyakatasensei


無事に終わったと思ってるだろうから
1つ言っておく。
(似てない事はあえて言わんが。)




?????



Oyakatasensei


チョコペンで書いた『おやかた☆流星群』が
『おやかた☆流里群』になってるぞ。






な、なにぃ!!?Σ( ̄ロ ̄lll)






(確認)



















_| ̄|○

より以前の記事一覧