最近のトラックバック

無料ブログはココログ

2006年7月 1日 (土)

命なき後。

本日は、特別な仕様になっております。(特別仕様終了。)
次回の更新の時には元に戻りますので。。。。。

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆





あれから、今日でまる1年。



家に帰って来た時、鳴き声で迎えられない生活にようやく慣れました。




溢れる思いを言葉で綴ろうと思いましたが、止めておきます。


その代わり、最近出会ったFLASHを紹介したいと思います。



クレヨンしんちゃんの13年後




生あるものはいつか死ぬ。
限りがあるからこそ、こんなにも愛おしい。



そんな思いを心に沁みこませつつ。




ユリの花・・・英語読みでリリー。


同じ名前を持つ花が庭で満開に咲いています。







P7010705









これからも、ずっと大好き。

2006年2月 8日 (水)

わんちゃんへのテレパシー。

道端に生えていた草が猫に見えてビクッとしてしまった柳香です。こんばんは。ああいう瞬間って、自分自身に対しても恥ずかしいし周りの目も気になるしで、逃げたくなりますね☆

さて。道を歩いていると、前に男性とミニチュアダックスのわんちゃんが歩いていたのですよ。小型犬って歩いている時、おしりがフリフリプリプリする所がめっさプリティ~vなので、その後ろ姿を『かわええ~~かわええ~~(はぁはぁ)』と舐めるような(むしろ食べるような)視線で見つめていたのです。
すると、前を快調に歩いていたわんちゃんがいきなりバッと振り向きました!





怯えた目をして・・・・・・・・。

テレパシー通じた!っていうか、野生の勘が危険なオーラを察知したのかもしれません。
でも、こんな私だけど、平和主義の犬好きですよ?(にっこり)


だから、世の中の男性は私にペットを預ければ良いと思う☆そして、ペットを預けた後は、私に人生も預けちゃ